WorldWideScripts.net Delivering the best Add-Ons in more than 37 languages.

中文(简体), English, हिन्दी/हिंदी, Español/Castellano, العربية, Русский язык, Français, 中文 (台灣), বাংলা, Bahasa Indonesia, اردو, Português, Deutsch, Bahasa Melayu (بهاس ملايو‎), 日本語 (にほんご), فارسی, Italiano, తెలుగు, Türkçe, ગુજરાતી, Język polski/polszczyzna, Tiếng Việt, ಕನ್ನಡ, Українська мова, ไทย
.NET / Miscellaneous

BackgroundScheduler

— アドオンWorldWideScripts.netへ

@ja1wws日付まで滞在するために私達のフィードを購読する!

新しい!あなたがそれを望むように私たちに従ってください!


BackgroundScheduler - CodeCanyon Item for Sale

Ads

Ad: Bluehost hosting

BackgroundSchedulerコンポーネントは、Webアプリケーションは、あなたの訪問者との干渉なしにバックグラウンドで定期的なタスクを実行するために、シンプルで堅牢な方法を提供します。

これらの定期的なバックグラウンドタスクがあります:
- 定期的に電子メールを送信します。
- 通常の一時フォルダのクリーンアップ。
- ダウンロードRSSとは別のウェブサイトのフィード。
- あなた自身のRSSを作成すると、定期的に静的なHTMLファイルを供給します。
- そのデータのコピーを更新するために、Webサービスに接続します。

定期的なタスクが、時間のかかる作業や計算だけではなく、バックグラウンドで開始することができます。 それらが完了したら、reasultがダウンロード可能であることをあなたの訪問者に通知することができます。 これらのタスクは、可能性があります。
- PDFファイルを作成します。
- あなたは応答してすぐにあなたの訪問者に戻すことができますが、メールを送信します。
- 長いSQLクエリを実行する(データベースバックアップを生成します)。
- プロセスアップロードされたデータ(画像、ビデオ、等)

構成要素は、同様に、Windowsフォームの用途に使用することができます。 現在のサンプルは、.NET 2.0フレームワークで実行されているが、同様にそれ以降のバージョンで使用することができますされます。
アクティベーションのバックグラウンドタスクは、より簡単なことができませんでした:

=新しいBackgroundEvent(「TheNameOfTheEvent」)BE BackgroundEvent。
BE.RepeatInterval = 300;
BE.EventHandler = ScheduledEvent。
BE.Start()。

定期的に実行すべきmethot:

公共ボイドScheduledEvent(BE BackgroundEvent){

//ご希望のものを行うことにします

}

Global.asaxファイルに入れるべき初期化:

保護された空洞のApplication_Start(オブジェクト送信者、EventArgsの電子){

BackgroundScheduler.Init()。
SampleEventManager.Init()。
}

保護された空隙Application_End(オブジェクト送信者、EventArgsの電子){

BackgroundScheduler.Stop()。
}


あなたが好きであってもでスケジュールなどの多くを持つことができます。 イベントは、絶対時間内にスケジュールされていません。 焦点は規則性とバックグラウンド実行にあります。 ただし、いつでもイベントを再スケジュールすることができます。 イベントは、パラレル、一つではなく1 ecexutedされていません。


ダウンロードしてください
このカテゴリー内の他のコンポーネントこの著者のすべてのコンポーネント
コメントよくある質問と回答を求めた

プロパティ

作成:
11月22日10

最終更新:
N / A

推奨ブラウザ:
クローム4、Chromeの5は、Firefox、IE6、IE7、IE8、オペラ、サファリ

含まれるファイル:
C#CS

ソフトウェアバージョン:
.NET 2.0、.NET 3.0、.NET 3.5、.NET 3.7、.NET 4.0

キーワード

eコマース, eコマース, 全商品, イベント処理, スケジューリング, スレッド