WorldWideScripts.net Delivering the best Add-Ons in more than 37 languages.

中文(简体), English, हिन्दी/हिंदी, Español/Castellano, العربية, Русский язык, Français, 中文 (台灣), বাংলা, Bahasa Indonesia, اردو, Português, Deutsch, Bahasa Melayu (بهاس ملايو‎), 日本語 (にほんご), فارسی, Italiano, తెలుగు, Türkçe, ગુજરાતી, Język polski/polszczyzna, Tiếng Việt, ಕನ್ನಡ, Українська мова, ไทย
WordPress / Utilities

Pages by User Role for WordPress

— アドオンWorldWideScripts.netへ

@ja1wws日付まで滞在するために私達のフィードを購読する!

新しい!あなたがそれを望むように私たちに従ってください!


Pages by User Role for WordPress - CodeCanyon Item for Sale

Ads

Ad: Bluehost hosting

すべてのサポートは、オンラインヘルプセンターを介して処理され、 Facebook上で私たちのような Twitterでフォローします Google+のサークルに私たちを追加 Envatoでフォロー RightHereからの最新情報をゲット

あなたはWordPressの開発者やクライアントのためのウェブサイトを開発するためのWordPressを使用するWebデザイナーはありますか? それとも、初心者WordPressのユーザーですか?

あなたは、メニュー内のページ、記事やカテゴリを表示しないように思ったことはありますか? またはウェブサイトの特定のコンテンツへのアクセスを制限したいですか? ユーザの役割によってページを使用すると、ユーザーが持っている役割に基づいて、ワードプレスの次のものにアクセス制御を追加することができます。

  • ページ
  • 投稿
  • カテゴリー
  • サードパーティ製のプラグインによって追加されたカスタムポストタイプ
私たちはWordPressのユーザーの役割によってページで、この非常に簡単になりました。

プラグインはまた、検索結果やブログロールからページ、ポスト、カスタムポストタイプまたはカテゴリを削除します。 あなたは、ユーザーがログインしていないメニューから[ページとカテゴリを非表示にすることができます。また、必要なユーザの役割を持っていないユーザーのために特定のリダイレクトURLを設定することができます。

あなたはWordPressに組み込まれたカスタムメニュー機能を使用している場合にも動作します。 これは、ユーザーがログインしていないときに、ユーザーの役割を割り当てたメニュー項目を非表示になります。

アクセス制御Metabox - WordPressのユーザーロールによってページ

WordPressのユーザーロールによってページ - カテゴリへのアクセスを制限します

機能の一覧

オプション

  • ページ、ポストまたはカスタムポストタイプへのアクセス権を持っていないユーザーのためにデフォルトのリダイレクトURLを設定します。
  • コメントのフィルタリングを有効にします
  • ログインするリダイレクト
  • WordPressのユーザーロールのサポート
  • カスタムユーザーロールのサポート
  • カスタム投稿タイプを表示するから自分を制限する場合はパニックオプション
  • カスタム投稿タイプにアクセス制御を有効にします
  • ユーザロールによってフロントエンドでのカスタムポストタイプへのアクセスを制限します
  • ページ、投稿やカスタム投稿タイプでのユーザーの役割によるアクセス制御Metaboxへのアクセスを制限します。
  • バックエンドの代わりに元のフロントエンドにユーザロールの挙動によってページを元に戻します。

ページ、投稿やカスタム投稿タイプ

  • ページ、ポストおよびカスタム投稿タイプにユーザーロールのアクセスの概要
  • 加入者、寄稿者、著者、編集者および管理者のためのアクセス制御を設定
  • (カスタムユーザーロールを作成するために、ホワイトラベルのブランディングが必要)カスタムユーザロールのアクセス制御を設定します。
  • カテゴリーのアクセス制御の設定
  • ユーザーロールにアクセス権がない場合に、各ページ、投稿やカスタム投稿タイプのための個々のリダイレクトURLを設定します。
  • 隠す個々のページはメニューを形成します
  • メニューからカテゴリを隠します
  • 検索結果やブログロールから個々のページ、投稿、カスタム投稿タイプとカテゴリ隠します
  • ショートコードを使用してコンテンツへのアクセスを制限します。 ユーザの役割によって制御されたアクセスpur_restricted pur_restricted_altのpur_not_logged_in

変更履歴

バージョン1.2.5.58443 - 2015年4月24日

  • 改善:により多くのWordPressのプラグインやテーマに影響を与えるXSSの脆弱性の問題に置き換えadd_query_arg()。 機能にアクセスすることができる前に、ユーザーが潜在的な問題が公衆に利用できなかったことを意味し、管理者でなければならなかったことを確認してください。

2015年1月6日 - バージョン1.2.4.55151

  • バグ修正:ブロックされた後のidのクエリ結果が空にすると、ブロックされた記事は全く遮断されません。

バージョン1.2.3.54781 - 2014年11月19日

  • 互換性修正プログラム :プットがアクティブなときBBpressトピックが示されていないが、ショーを返信

バージョン1.2.2.54690 - 2014年11月8日

  • 新機能 :高度なオプションのうちのページがユーザーに制限されているカスタムHTML / Javascriptの
  • 新機能 :あなたはユーザロールによってポストタイプのアーカイブへのアクセスを制限し、それのために独立したリダイレクトURLを設定することを可能にするユーザーの役割によってポストタイプのアーカイブを制限
  • バグ修正:消える[オプション]タブ
  • バグを修正 :反転PURにツールバーの編集ポストリンクを使用している場合は、まだ見えていたし、ユーザが実際に制限を回避し、投稿を編集することができます。
  • バグ修正:カレンダーに書き込むその上望ましくないリダイレクト! イベント
  • 互換性アップデート :WooCommerceの製品ページ

バージョン1.2.1 rev47835 - 2014年3月17日

  • バグ修正:いくつかのバグの条件の下で、出力はすでにそれが必要前に、サイトによって送信され、したがって、リダイレクトを破壊された状況を処理します。
  • バグ修正:削除さPHPの警告
  • 新機能 :「アクセス制御」Metaboxを表示することができますどのようなユーザーの役割を制限する設定を追加しました。
  • 新機能 :実験倒立PUR機能

バージョン1.2.0 rev22604 - 2012年3月6日

  • 新機能 :コンテンツのみを示すpur_not_logged_inショート
  • 来場者にログインしていません。
  • 新機能 :へのアクセスを許可またはブロックするように管理者を有効にします
  • ユーザーロール(以前にのみ許可されました)
  • 新機能 :メニューの表示制限されたポストタイプ
  • 新機能 :記事の一覧で、アクセスコントロールの列で
  • PURが許可または記載されている役割へのアクセスを拒否されているかどうかを示します
  • 新機能 :表示は緑として許可すると赤として拒否します。
  • バグ修正:オプションパネルのバージョン2との衝突を避けます

バージョン1.1.8 rev14552 - 2011年12月19日

  • 更新 :有効ワードプレス3.3の機能

バージョン1.1.7 rev11497 - 2011年12月10日

  • バグ修正:pur_restrictedショートコードは、コンテンツにショートコードをレンダリングされませんでした
  • 新機能 :pur_restrictedショートコードは現在、HTMLと代替テキストを可能にします。

バージョン1.1.6 rev9091 - 2011年9月26日

  • 新機能 :アクセスなしの動作のカスタマイズ。 制限された場合は管理者が指定することができます
  • ページには、ログインするか、URLをリダイレクトするリダイレクトする必要があります。
  • バグ修正:metaboxにリダイレクトURLフィールドを調整します
  • バグ修正:追加された欠落している登録サービスライブラリ

バージョン1.1.5 rev7652 - 2011年8月8日

  • 新機能 :内蔵ショートコードは、特定のセクションへのアクセスを制限するpur_restricted
  • 機能によるコンテンツの。 view_restricted-コンテンツが、任意の機能をデフォルト
  • 更新 :オプションパネルが更新
  • 新機能 :なしアクセス動作のカスタマイズ。 制限されたページがすべき場合に管理者が指定することができます
  • ログインするか、URLをリダイレクトするリダイレクトします。
  • 新機能 :ユーザーの役割によって、カスタム投稿タイプ。 カスタムポストタイプがある場合にのみ示しています。 これには、以下の機能が追加されたミニプラグインそのものです。
    • タブのオプションでは、カスタムポストタイプのリストを示しており、すべてのチェックボックスは、既存の
    • 各カスタムポストタイプのユーザーの役割。 カスタムポストタイプのユーザーロールをチェックして、あなたがしています
    • のみチェックし、ユーザロールにそのポストタイプへの管理者アクセスを制限します。
重要:必ず管理者に確認してください。 私たちは、デフォルトでそれをしないことに注意してください、このように多分管理者は、管理者ユーザの役割を変更するので、私たちは本当に管理者の役割が何であるかを知りません。 誤って管理者ユーザの役割を設定する場合には、この機能を無効にし、カスタムポストタイプへのアクセスを回復するために、同じタブのオプションがあります。

バージョン1.1.4 rev4375 - 2011年5月7日

  • バグ修正:カテゴリ内のユーザーの役割を設定し、その後のアクセスを拒否されたすべての、すべての役割を除去した後。

バージョン1.1.3 revの2526 - 2011年3月24日

  • 新機能:コメントにフィルタリングを追加したコメントは、WP方式get_comments(最近のコメントウィジェット)でフェッチ

バージョン1.1.2 revの1863 - 2011年3月1日

  • アップデート:リダイレクトするための手順を変更しました。 1)カスタムURL 2)あなたがログインしているとアクセスを持っていない場合、デフォルトのURL 3)ログインページ4)は、エラーメッセージが表示されます。

バージョン1.1.1 - 2011年2月8日

  • バグ修正:固定壊れたデフォルトのリダイレクトURL
  • バグ修正:固定ページとポストは、URLのリダイレクト

バージョン1.1.0 - 2011年2月2日

  • 新機能 :非標準のWordPressのテーブルプレフィックスのサポートが追加されました
  • 新機能 :カテゴリへのアクセス制御のためのサポートが追加されました
  • 新機能 :アクセス制御とカテゴリーが検索できません(あなたがアクセス権を持っていない限り)
  • 新機能 :投稿IDを使用して、ポストへのアクセスを制限します。
  • 新機能 :アクセスを制限した場合のカテゴリがメニューに表示されません

バージョン1.0.0 - 2010年11月3日

  • 最初のリリース

ダウンロードしてください
このカテゴリー内の他のコンポーネントこの著者のすべてのコンポーネント
コメントよくある質問と回答を求めた

プロパティ

作成:
4 11月10日

最後の更新:
4月24日15

推奨ブラウザ:
IE9、IE10、IE11は、Firefox、Safariの、オペラ、クローム

含まれるファイル:
JavaScriptのJS、CSS、PHP

ソフトウェアバージョン:
ワードプレス4.4.1、ワードプレス4.4、ワードプレス4.3.1、ワードプレス4.3ワードプレス4.2ワードプレス4.1ワードプレス4.0ワードプレス3.9

キーワード

eコマース, eコマース, 全商品, アクセス制御, アーカイブズ, ブロックアクセス, カテゴリー, カスタム投稿タイプ, 非表示のコンテンツ, ページ, ポスト, アクセスを制限します, ユーザーの役割, ワードプレス