WorldWideScripts.net Delivering the best Add-Ons in more than 37 languages.

中文(简体), English, हिन्दी/हिंदी, Español/Castellano, العربية, Русский язык, Français, 中文 (台灣), বাংলা, Bahasa Indonesia, اردو, Português, Deutsch, Bahasa Melayu (بهاس ملايو‎), 日本語 (にほんご), فارسی, Italiano, తెలుగు, Türkçe, ગુજરાતી, Język polski/polszczyzna, Tiếng Việt, ಕನ್ನಡ, Українська мова, ไทย
WordPress / Newsletters

Opt-In Content Locker for WordPress

— アドオンWorldWideScripts.netへ

@ja1wws日付まで滞在するために私達のフィードを購読する!

新しい!あなたがそれを望むように私たちに従ってください!


Opt-In Content Locker for WordPress - CodeCanyon Item for Sale

Ads

Ad: Bluehost hosting

オプトインコンテンツロッカー WordPressのウェブサイト上で重要なコンテンツをロックしてのみ加入ユーザのためにそれを表示することができますプラグインです。 あなたがする必要があるのはショートコードで保護されたコンテンツをラップすることです[optinlocker]...[/optinlocker] 人々はこのコンテンツを視聴するには、彼らは自分の名前/電子メールを送信する必要があります。 提出後、すべてのロックされたコンテンツが表示されるようになります。 非常にシンプルなワークフロー。 すべての提出されたデータはデータベースに保存されるか、または/およびMailChimp、AWeber、のGetResponse、iContact、キャンペーンモニター、マッドミミ、ベンチマーク、センディとに再提出することができMyMail 。 すべての保存されたデータは、他のニュースレターシステムで使用できるようにCSVファイルとしてエクスポートすることができます。 オプトインでコンテンツロッカーあなたのウェブサイトの機能を拡張するのに最適な方法です。

特徴

  • モダンで安全なオプトイン形式:CSS3のAJAX駆動のオプトイン形式。
  • 重要なコンテンツをロック:ユーザーが連絡先の詳細を提出するまで、重要なコンテンツを表示しません。
  • 購読の訪問者を覚えている:プラグインはすでに(クッキーを使用して)ページを加入ユーザを記憶しています。
  • 定期的なロッカーモード:コンテンツが完全にユーザーが投稿した連絡先の詳細まで表示されません。
  • ソフトなロッカーモード:コンテンツは検索エンジンのために表示されます(ユーザーのためにはJavaScriptを介してロックされています)。
  • MailChimpサポート:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してMailChimpに提出することができます。
  • iContactサポート:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してiContactに提出することができます。
  • のGetResponseは、サポートされている:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してのGetResponseに提出することができます。
  • キャンペーン·モニターはサポートされている:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してキャンペーンモニターに提出することができます。
  • AWeberは、サポートされている:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してAWeberに提出することができます。
  • マッドミミサポート:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してマッドミミに提出することができます。
  • ベンチマークサポート:連絡先の詳細は、それらのAPIを使用してベンチマークに提出することができます。
  • センディは、サポートされている:連絡先の詳細は、それらのAPIを介してセンディに提出することができます。
  • MyMailはサポートされている:連絡先の詳細は、に提出することができMyMail
  • WYSIWYGエディタ:ビジュアル·エディタで購読ボックスの編集内容。
  • ショートコードをそのまま使用する:購読箱の内側に任意のショートコードを挿入します。
  • CSVエクスポート:すべてのデータは、任意のニュースレターのシステムで使用できるようにCSVファイルとしてエクスポートすることができます。
  • 利用規約は、サポートされている:オプトイン形式のための条件を有効または無効にします。
  • ショートを駆動:ショートコードで保護されたコンテンツをラップ[optinlocker]...[/optinlocker]
  • やさしいキャッシングプラグイン:プラグインは(ソフトロッカーモード用)のキャッシュプラグインの問題を回避するために、PHPとJavaScriptを使用しています。
  • グーグル/ユニバーサルアナリティクスイベントトラッカーサポート:トラック「ショー」と「サブスクライブ」イベント[BETA]。
  • 簡単にインストールするには:他のプラグインとしてプラグインをインストールしてアクティブにします。
  • 翻訳レディ:プラグインは、任意の言語に翻訳されることがあります。
  • WordPressのベストプラクティス:プラグインの確認とWP_DEBUGからノーアラート。

フロントエンド機能

オプトインコンテンツロッカーの考え方を理解する最良の方法は、実際の例を見ることです。 "ライブプレビュー」をクリックしていただくか 、デモのリンクを 。 「ライブプレビュー」のウェブサイト上では、サブスクライブした後、ロックされたコンテンツを表示することができます。

インストール

  1. インストールし、あなたが他のプラグインで行うようにプラグインをアクティブにします。 一旦活性化、それが管理エリアの左側の欄のメニュー「オプトインロッカー "を作成します。
  2. 左サイドメニュー「オプトインロッカー>>>設定」をクリックして、必要な設定を行います。 セットロッカーモード、電子メールテンプレート、自動応答のパラメータ等
  3. 任意のポスト/ページの編集ページに移動し、ショートコードでロックされたコンテンツラップ[optinlocker]...[/optinlocker] 。 このショートは自動的にオプトイン形式で置き換えられています。

それでおしまい! プラグインを使用してお楽しみください。

サポート

あなたがプラグインを使用してに関する問題が発生した場合、私に連絡し、私はあなたをお手伝いしますしてください。

ダウンロードしてください
このカテゴリー内の他のコンポーネントこの著者のすべてのコンポーネント
コメントよくある質問と回答を求めた

プロパティ

作成:
11 8月12日

最終更新日:
4 2月15日

高解像度:
はい

互換性のあるブラウザ:
IE7、IE8、IE9、IE10、IE11は、Firefox、Safariの、オペラ、クローム

含まれるファイル:
JavaScriptのJS、CSS、PHP

ソフトウェアバージョン:
ワードプレス4.3ワードプレス4.2ワードプレス4.1ワードプレス4.0ワードプレス3.9ワードプレス3.8ワードプレス3.7ワードプレス3.6ワードプレス3.5ワードプレス3.4ワードプレス3.3ワードプレス3.2ワードプレス3.1ワードプレス3.0

キーワード

eコマース, eコマース, 全商品, Aweber, キャンペーン·, モニター, 電子メール, メールアドレス, のGetResponse, icontact, ロッカー, 怒っミミ, mailchimp, マーケティング, mymail, オプトイン, オプトイン, 申し込む, サブスクリプション